【5】多嚢胞性卵巣症候群の見立てを支える漢方薬

多嚢胞性卵巣症候群(PCOもしくはPCOS)は、卵巣内に多数の卵胞が叶うため出る排卵異変の一つです。
この症状は、今、盛ん治療の方法が明確にされておらず、処理療法、殊更受胎の予想を上げるためのやり方が中心に行われている状況です。
対応において、排卵誘起等の方法で受胎比を引き上げると一気に、漢方等でチェンジできないかと図る人も多いと思います。

 

中医学的にPCOを見る例、「卵巣周辺の?血液(おけつ:血行障害や鬱血)や痰湿がこびりつき、卵巣がごつくなった疾患」ととらえられています。ですから、軽度のPCOの例、卵巣周辺の血行を直し、柔らかくすることで、病院で受け取れる排卵誘起などの対応の威力がさらに高められると考えられています。
ここでは、PCOクライアントに有効とされている漢方をご紹介します。

 

最新に大柴胡湯(ダイサイコトウ)だ。これは、炎症を鎮めたり、痛みを和らげるといった作用がある漢方薬で扇動耐性を高め、凄い慣例に変えていく効果があります。ですので、卵巣の重圧を緩め、安定的に機能することを支える威力が得られます。反応として、ごく稀に胃の違和感や食欲不振、吐き気、下痢などが生まれるパーソンもいます。
次に桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)だ。これは、女性の方にオススメの漢方薬だ。血行チェンジ、冷えのチェンジ、子宮の炎症をやわらげる、ホルモンバランスを整えるなどの効用があり、ママ特有の月の物不順、月の物痛などに効果があります。更年期障害で悩まれる皆様にも効果的です。PCOクライアントにとっても内分泌の変をいじくることが期待できるでしょう。反応としては、胃のむかつき、食欲不振が起こることがあります。ごく稀に肝臓への病態です食欲不振、素肌や白眼が黄色くなる、尿が褐色にのぼるといった恐ろしい反応が現れるときがあるので、その場合は注意が必要です。
その他、当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)や、温経湯(ええけいとう)なども、血行をよくする、ホルモンバランスを整えるといった威力があり、PCOのチェンジの手当となるでしょう。

関連ページ

【1】多嚢胞性卵巣症候群
多嚢胞性卵巣症候群という病名を聞いたことはありますか? 不妊治療中にこういう受診言い方を聞いて驚いた人も多い・・・
【10】妊娠しやすい体の得意
これから幼児がほしいなぁと考えて来るユーザーにとって、受胎しやすい人体リサーチ、情勢リサーチは非常に重・・・
【2】多嚢胞性卵巣症候群でも受胎できるのか
多嚢胞性卵巣症候群(PCOまたはPCOS)排卵面倒の一つです。不妊症でこういう病名を先生から報じられた方・・・
【3】多嚢胞性卵巣症候群の治療方法
多嚢胞性卵巣症候群(PCOもしくはPCOS)は排卵障壁の一つで、その影響で不妊症になる病気だ。・・・
【4】多嚢胞性卵巣症候群の事情
多嚢胞性卵巣症候群(PCOもしくはPCOS)は、卵胞が多彩とれる結果芽生える排卵課題だ。この症状は・・・
【6】懐妊しやすいことを知ろう
最近は、晩婚化が進み、おめでたを希望しているご夫妻も増えていることと思います。ここでは、おめでたしやすいタイ・・・
【7】機会法
懐妊を希望するご夫妻の中には、パターン法というものを実践している方も多いと思います。こういうパターン・・・
【8】排卵診察薬の使い方
受胎を希望しているごアベックの中には、機会法を用いている人達も多いと思います。こういう機会法の効・・・
【9】排卵日におけるおめでたパーセンテージ
災難太陽という言及を聞いたことはあるでしょうか?これは、懐妊を望まない両人にとって妊娠して仕舞う危・・・