【9】排卵日におけるおめでたパーセンテージ

トラップ日光というコピーを聞いたことはあるでしょうか?これは、おめでたを望まない夫婦にとって妊娠して仕舞う危険がある日光のことを指します。妊娠して仕舞う可能性があるのは、排卵日光あたりですからこの時期に性協議を行うことのデメリットを伝えるためのコピーだ。
では、正に、こういうトラップ日光に性交渉をして、妊娠するパーセンテージはどのくらいなのでしょうか?シーン特別みていきたいと思います。

 

ひとまず、至って避妊をせずにこういうトラップ日光に性協議を行った場合の妊娠するパーセンテージは、20〜25パーセントだと言われています。ちなみにこういう集計は30お代までの健康な女の子におけるパーセンテージだ。階級が上がっていくとこういうおめでたレートも低下していきます。35年齢で18パーセント、40年齢で5パーセント、45年齢では1パーセントにまでなります。さて、こういう20〜25パーセントという集計を聞いてどうして思ったでしょうか?意外と乏しいと感ずる人も多いと思います。いよいよ、卵子と精子が会う受精が成立するパーセンテージは80パーセントクラスですが、その受精卵が子宮内に着フロアー講じるパーセンテージが悪い結果、このような結果になっている。

 

次に、膣外部射精を行った場合のおめでたのパーセンテージはどうでしょうか?とある検索に因ると1年間こういう膣外部射精を行ない続けたときのおめでたレートは4〜18パーセントと言われています。これは、射精時代以外にも精液はでている結果、その精子によるおめでたが出来るからだ。つまり、こういう膣外部射精は確実な避妊にはならないと考えるといいでしょう。

 

では、コンドームを使った場合はどうでしょうか。規則正しい遊び方で使えば、2〜3パーセントにまでおめでたレートは下げられます。しかしながら注意しなければならないのは、間違った実行や悪行だ。コイツによるおめでたレートは12〜15パーセントにも上ってしまう。間違った使用で多いのは、途中からの実行だ。これもまた避妊にはならないでしょう。

 

再度確実におめでたレートを押し下げる技術としてあげられるのがピルの実行だ。これによっておめでたレートは0.1パーセントまでに下げられると言えます。

 

このように、トラップ日光でも、できる限り望まないおめでたを防ぐには、ふさわしい避妊の知識を身につけて性協議を立ち向かう必要があるでしょう。

関連ページ

【1】多嚢胞性卵巣症候群
多嚢胞性卵巣症候群という病名を聞いたことはありますか? 不妊治療中にこういう受診言い方を聞いて驚いた人も多い・・・
【10】妊娠しやすい体の得意
これから幼児がほしいなぁと考えて来るユーザーにとって、受胎しやすい人体リサーチ、情勢リサーチは非常に重・・・
【2】多嚢胞性卵巣症候群でも受胎できるのか
多嚢胞性卵巣症候群(PCOまたはPCOS)排卵面倒の一つです。不妊症でこういう病名を先生から報じられた方・・・
【3】多嚢胞性卵巣症候群の治療方法
多嚢胞性卵巣症候群(PCOもしくはPCOS)は排卵障壁の一つで、その影響で不妊症になる病気だ。・・・
【4】多嚢胞性卵巣症候群の事情
多嚢胞性卵巣症候群(PCOもしくはPCOS)は、卵胞が多彩とれる結果芽生える排卵課題だ。この症状は・・・
【5】多嚢胞性卵巣症候群の見立てを支える漢方薬
多嚢胞性卵巣症候群(PCOもしくはPCOS)は、卵巣内に多数の卵胞が叶う結果生じる排卵困難・・・
【6】懐妊しやすいことを知ろう
最近は、晩婚化が進み、おめでたを希望しているご夫妻も増えていることと思います。ここでは、おめでたしやすいタイ・・・
【7】機会法
懐妊を希望するご夫妻の中には、パターン法というものを実践している方も多いと思います。こういうパターン・・・
【8】排卵診察薬の使い方
受胎を希望しているごアベックの中には、機会法を用いている人達も多いと思います。こういう機会法の効・・・