卵子ストップ存続の経費とそのおめでた率ってどのくらいなの?

「【5】卵子ストップ取り込みの総計とその受胎百分比ってどのくらいなの?」

 

現在、毎年、独身百分比及び婚礼生年月日の高齢化は高まってある。それに従い、分娩百分比も高まっているのが現状です。仕事を持つ女性が目立ち、ビジネスに喜びを感じている間には何となく婚礼・分娩というセレクトができないのかもしれません。しかし現在、日本では卵子ストップ取り込みが可能になって掛かることをご存知でしょうか。2013時11月に津々浦々生殖医学会が受け入れる方針を決定したのです。そもそも、ガンなどの手当てにより卵子や卵巣に影響を及ぼす可能性があるほうが、将来の受胎に据える結果だけに卵子ストップは認められていたので、国内で卵子ストップができるようになった現在、それを待ち望むおばさんたちも広がるようになりました。

 

さて、卵子ストップ取り込みと聞いても、今ひとつ方も多いでしょう。簡単にごレビューいたしますと、採卵した卵子を液体窒素内でストップ取り込みすることだ。そして、ストップ取り込みされた卵子は、受胎を希望した時になんとか融雪され、体外受精が行われた後に子宮内に返るという構造になっています。さて、卵子の取り込み総締めですが、34年代ところまでは生年月日とおんなじ総締め、35年代以上になると40〜50個が可愛いそうです。生年月日が上がるにつれて、必要な総締めも重なるんですね。とはいえ、方針に因ると、40年代以上ではストップ目的での卵子の採取はできないことになっていますし、ストップ卵子の消耗も45年代を過ぎるとできないことになってある。卵子ストップをお考えのヒトは、遅くても39年代までに行わなければなりません。

 

さて、では気になる受胎の料率についてだ。卵子をストップ保存した場合は、受胎百分比は約5〜10%と報告されてある。ちなみに、体外受精を行った場合に受精卵をストップ取り込みすることは普通ですが、こういうストップ受精卵を使用した受胎百分比は約20%ですから、未受精卵子のほうが受胎料率は安いんですね。

 

何故こんな料率となるのか?窺えるのは、断然卵子のクオリティの病状なのです。クオリティが良ければ受精卵となりやすいですし、クオリティが悪ければ受精卵まで育ってくれないのです。未受精卵子の体制、ストップなる階級が受精前述ですから、質の良い小さいがまだ分かれていないシーンだ。ですから、体外受精をしてからでないと、実際わからないんですね。それから、今の生年月日よりもういういしい卵子を使用するとはいっても、受精卵が舞い戻るエリア、つまり今の生年月日の子宮そのものが生年月日相応に年をとっているわけですから、たとえ若々しい受精卵を使用しても、卵が育つ有様が老化していては、無性に育ち難くなってしまうのです。若い時の卵子を凍結しておけば、時をとってからでもあまり受胎行えるわけではありませんので、安易に卵子ストップを考えるのはやめた方が良いでしょう。

 

さて、最後に、気になる総計についてだ。保険適用外の対応となりますから、クリニックによって違いはあるにせよ、採卵まで30万〜100万具合繋がる見込みだ。その上、卵子のストップ保全料は、一門あたり時10000円ほどかかりますから、30個凍結する場合は時30万もかかってしまうわけです。もっと、のち、体外受精を立ち向かうときの費用も高額です。結論として、高額な費用をかけても、ことごとく受精卵と陥るわけではなく、高齢分娩が可能になるわけでもないということを頭に入れておく必要がありますね。

関連ページ

ミトコンドリアが卵子の退化を防ぐ!
「【6】ミトコンドリアが卵子の年齢を防ぐ!」 ミトコンドリアって聞いたことがありますか?これは、ほ・・・
卵子の老化現象の一部分、クオリティの劣化について
「【7】卵子の老化現象のひとつ、材質の退廃について」 卵子の老化現象には、卵子度数の低下の以外、卵子の・・・
AMH診査で押さえるあなたの残りの卵子数量と卵巣生まれ
「【8】AMH診察で分かるあなたの残りの卵子頻度と卵巣クラス」 AMH診察をご存知ですか?これは、抗ミ・・・
あなたの卵子、老化していませんか?
「【9】あなたの卵子、老化していませんか?」 妊娠するためには、おめでたに必要な各々の原因に大丈夫・・・
卵子の退化と不妊の関わりとその誤認
「【10】卵子の年齢と不妊の仲とその思い違い」 卵子は生まれた瞬間が何百万個と金字塔台数が数多く、年齢・・・
卵子の退化っていつから始まるの?
「【1】卵子の退化っていつから始まるの?」 あなたは、「卵子の退化」というワードを聞いたことがあり・・・
卵子を若返らせることってできるの?
「【4】卵子を若返らせることってできるの?」 年齢を経るにつれて、卵子も総和が減少し、その素材も老化し・・・